性ホルモンは「脳」がつくる

性ホルモンの化学構造は、大別して二つに分けられる。そのひとつは「ステロイド系ホルモン」で、他のひとつは「タンパク系ホルモン」である。ステロイド系ホルモンというのは、その化学構造の中に、必ず「ステロイド核」という五角形の構造をもったホルモンのことである。

このステロイド系ホルモンに属する性ホルモンとしては、「男性ホルモン(アンドロゲン)」、「女性ホルモン(エストロゲン)」の二つがある。

男性ホルモンの三兄弟

男性ホルモンは、主として睾丸、卵巣、副腎皮質などで構造の少しずつ違ったものが作られている。そのうち「デヒドロエビアンドロステロン」、「アンドロステロン」、および「テストステロン」の三種が知られている。これらを”男性ホルモンの三兄弟”と呼び、総称して「男性ホルモン(アンドロゲン)」といっている。

このように男性ホルモンは、睾丸以外の臓器でも作られているから、たとえ病気のために睾丸を除去しても、ホルモン不足は起こらないようになっている。

女性ホルモンの三姉妹

一方、女性ホルモンは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の二種類が卵巢で作られている。この卵胞ホルモンには、「エストロン(E1)」「エストラダイオール(E2)」「エストリオール(E3)」という、少しずつ化学構造の違った女性ホルモンがある。これらも、また、”女性ホルモンの三姉妹”と呼ばれている。

このように女性ホルモンも男性ホルモンと同様に、たとえ病気で卵巣を除去するようなことがあっても、体内の女性ホルモンが急になくなるということはないようになっている。

あっても体内の女性ホルモンが急になくなるということはないようになっている。

タンパク系の性ホルモン

タンパク系の性ホルモンは下垂体、胎盤、脳の視床下部などで作られている。タンパク系の性ホルモンは構造が複雑で、現在のところこれらを合成することはできない。したがって、現在は他の動物の臓器から抽出している。

下垂体からは性ホルモンを含めて七種類のタンパク系ホルモンが分泌されている。下垂体で作られている性ホルモンを「下垂体性性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)」といい、胎盤で作ら れている性腺刺激ホルモンは「絨毛性性腺刺激ホルモン」といっている。

下垂体性性腺束激ホルモン(PG)には、「卵胞刺激ホルモン(FSH)」と「黄体形成ホルモン(LH)」の二種類がある。また視床下部からは下垂体を刺激してFSHを放出させるホルモン(FSH—RH)と、LHを放出させるホルモン(LH-RH)の二種類が発見されている。

このような性腺から分泌されるホルモンも、すべて脳から出る性ホルモンの指令なしでは分泌することができない。いいかえると、性ホルモンはすべて脳が作っているということになる。 さらに最近は苦痛を和らげ、快感を増強する「エンドルフィン」などというホルモンも、脳から分泌されていることがわかった。

結局、すべて人間の性ホルモンは脳で作られているといっても過言ではない。すなわち性ホルモンもまた、脳なしには作られないことになる。

性ホルモンにはフィードパック作用がある

性ホルモンでもうひとつ大事なことは「フィードバック作用」があることであるフィードバック作用は、人間の性ホルモンの生産に組み込まれている、一種の”自動調整装置”で、分泌量をコントロールする作用のことである。

たとえば、卵巣や睾丸からホルモンが出過ぎると、その情報が下垂体にフィードバックして性腺刺激ホルモンの分泌が抑制される。すべてのホルモンは体内で自動的に生産されているから、ホルモン欠乏症でもないのにホルモンを投与したりすると、かえってホルモンが出なくなる。中高年になって、よく男性ホルモンなどを注射したがる人がいるが、注射を続けると性腺刺激ホルモンが出なくなって、睾丸が萎縮したという報告さえある。

したがって、精力が弱ったと思うときは、性ホルモンを補給するよりも、ホルモンの生産部位である脳を活性化させるか、性ホルモン(男性ホルモンや女性ホルモン)の原料を補給する方が
合理的で賢明なのである。

なぜかというと、男性ホルモンも女性ホルモンも、その原料は「コレステロール」という物質である。

だから、コレステロールを多量に含んだ食物、たとえばビフテキとかウナギのかば焼きなどを食べたほうが、性ホルモンを注射するより、よほど有効なのである。男性ホルモンでも女性ホルモンでも、ステロィド系性ホルモンは、すべてコレステロールを原料として、体内で生合成されるからである。

コレステロールは、また脳の構成物質でもあるから、脳の活性化にも役立つことになる。ビフテキを食べ、頭を锻えることが精力を衰えさせない秘訣である。ただしコレステロールは、とり過ぎると脳梗塞や心筋梗塞の原因になるから注意が必要なのは言うまでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です